読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鼻笑を以て心笑と為す

科学史・科学哲学・数学基礎論などに関心を抱く社会不適合系大学生。趣味なし、金なし、友達なし。能力コンプのアスペルガー也。

映画『イミテーション・ゲーム』 感想

イミテーション・ゲームエニグマと天才数学者の秘密』を観賞した。以下はネタバレとなるので、もし未観賞で、観賞を今後希望する方がいらっしゃれば現時点で読むのは避けるとよい。

 第二次大戦中、独軍の暗号"エニグマ"の解読に成功した英国の天才数学者アラン・チューリングの半生を描いた作品である。チューリングの名はチューリング機械やチューリング・テストに名を残しており、現在我々が日常的に使用しているコンピューターの歴史を語る上では欠かせない人物の一人であろう。
   本作品では、1950年代に同性愛の罪で逮捕されたチューリングが、戦時中の自身の記憶を回想するという形式で綴られている。時折、彼の学生時代の記憶が突然挿入されるので、最初のうちはその設定に少し戸惑った。それでは、本作品を観賞して特に考えさせられた以下の二点について述べることとしよう。

  ①  まず私が感じとったのは、共に悲劇を招くことがわかっている二つの選択肢に直面したときの選択の判断の難しさである。独軍が必ず毎日送り出す共通のメッセージの存在を手掛かりに、見事"エニグマ"の解読を成し遂げ歓喜にくれるチューリングら暗号解読者たちの前に直ちに突き付けられる現実は、耐えがたく皮肉なものであったー通信を傍受して解読した暗号をもとに未然に独軍の作戦を首尾よく防ごうとすれば、英国が"エニグマ"の解読に成功したことが独軍に知られてしまうーチューリングはそれを考慮して、中佐に独軍の襲撃回避の提言を避け、暗号解読の成功を機密にするよう皆に迫った。しかしあろうことか、解読メンバーの一人の出征した兄は、じきに独軍に襲撃されることが予想される船舶の砲兵だった。皮肉な現実を前にして解読メンバーは感情的になる。このような差し迫った状況で我々は一体どのように物事を判断すべきなのだろうか、ということは、ここまでシリアスな展開がそうそう訪れるわけではないにしても、我々の日常にとっても時として問題となりうることだ。本作でいえば、襲撃されて死すべき運命にあると既にわかっている人々の命ーましてそのうちには家族が含まれることもあるーを犠牲にして、輝かしい戦争の勝利を収めるという国家から課せられた彼らの責務を優先せざるを得ないという大変厳しい状況下なのだ。もっとも、チューリングによる暗号の解読が成功し、なおかつその解読が独軍に判明することとなれば、却って多くの命が奪われることとなったかもしれない。昔サンデル教授で話題になった、列車の分岐点の双方の先にそれぞれ異なる数の人がいるとき、運転手はわざわざレバーを引いて人数の少ない方に列車を進ませるべきか否かという問いを彷彿とさせる。チューリングの判断は明晰と言えるかもしれないが、この手の判断を悩ませるポイントとして、長期的・総計的な被害の数の軽減を重視する立場(列車の例だと、レバーを引いて犠牲者を減らす立場)では、短期的に一定数の人間の命が必ず犠牲になるという未来を予期して、それでもなお自分の手で彼らを犠牲にすることを選択せざるをえないことへの根強い背徳感というものが背後にあるということが理解できる。一方、短期的な救済(列車の例だと、レバーを引かずに結果的多くの犠牲者を出す立場)を重視すれば、それは長期的的視点に欠け、全体としてはその方が被害が大きいが、あたかも直接的に自分が人間の命を犠牲にするというよりは、いわば「成り行き」によって人々が自然に犠牲になる、という歴史必然的な状況が予想されることによって、個人的な背徳感は一時的にはこちらの方が小さくなりうるといえるかもしれない。前者はどちらかといえば功利主義的な立場で、後者は長期的・結果的な状態は自然の成り行きに任せるような立場にちかいといえるだろう。しかし、この問いをさまざまな角度から分析はできても、どう判断すべきかという最終的な問題を一意的に決定するのは簡単ではなかろう。個人の思想・良心に依拠する問題である上、思考実験のいろいろな条件を少しずつ変化させるだけでも、問いの質とそれに対する回答は変化しうるからである。

② そして次に、まさに本作品全体を通したテーマといっても良いかもしれないが、国家や政情に翻弄された人の運命の儚さというものを感じさせられた。ましてチューリングの場合は、戦時中、その偉大な功績を成し遂げた一方、戦後は同性愛者であるという理由で罪を問われ、服役かホルモン投与による強制的な治療という二択を与えられて、後者を選択するも、結局は自殺をしてこの世を去った。学生時代、クリストファーという同級生の男子に恋愛感情を抱き想いを伝えようとしたがその直後、彼は結核で他界したことを告げられそれは叶わなかった。そしてチューリングは暗号解読の機械を「クリストファー」と名付け、溺愛する。チューリングの功績は、死んでいたはずの人を救ったともいえるし、あるいは生きていたはずの人を殺したともいえるかもしれない。しかし、科学技術史的な側面でいえばその成果は間違いなく賞賛に値するものといえよう。戦争という国家間の政治的問題が生み出した極秘のプロジェクトに上からの強い圧力のもと携わることとなって、ようやく苦心して成し遂げた暗号解読の事実は国家により戦後も秘匿され続け、その存命中、社会の表舞台で偉大なる功績者として讃えられることはおろか、彼の最期は犯罪者として国家に屈辱的に晒しあげられて自殺するという惨めなものであった。歴史を振り返ってみれば容易にわかるが、人間は通常何らかの政治的共同体に属する存在であり、そうである以上、多かれ少なかれその共同体の影響を受ける者である。全体がひずめば部分がひずむという抗いがたく悲痛な論理によって、ときとしてそれは悲劇をもたらす。我が国でいえば、大戦中、極端な皇国教育・プロパガンダがなされ、そのもとに多くの若者が戦場へと赴いて「玉砕」した。お国のために死ぬことは美談として語られ、今日に至るまで国家の戦争責任というものは物議を醸す話題となっている。
    若き天才数学者チューリング。彼は人の身でありながら、現代においては人をも超えんとする勢いさえる装置の原型を生み出してしまった。彼はは人の子なりや?否、国家に操られし悲しき天才人形なりや?はたまた、神すら超えんとする予言の産物を創造せし"超人"なりや? イミテーション・ゲーム。もはや生物と機械の判断が完全にできなくなる日は、そう遠い未来ではないのかもしれない。もしそのような恐ろしい時代が来るとすれば、人間を超越した「機械」たちに支配された人間が、今度はあたかも事実上機械と化し、新たな「機械」に従属する存在となってしまうのだろうか? 科学技術は、その発達のためのアクセルのみならず、ブレーキをも同時に開発する必要があるといえよう。