読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鼻笑を以て心笑と為す

科学史・科学哲学・数学基礎論などに関心を抱く社会不適合系大学生。趣味なし、金なし、友達なし。能力コンプのアスペルガー也。

一年の振り返り

ダランベールです。2015年を簡単に振り返ってみようと思う。

一月  当時は一回生、月末にテストがあったが特に勉強はしていなかった。正直言ってあまり記憶にない。

二月 テスト終了後春休み。所詮般教であるので、勉強はしていなかったが単位は取れた。この月も正直たいして記憶なし。趣味もないし友達もいないのでダラダラと過ごしていたのだろう。ツイッターで精神を病んだのでアカウントを消した(数ヶ月後にまた新たに作ることになったが)。

三月 春休み続き。母親と一緒に静岡へ日帰りバスツアー。苺狩りに行ったが、なかなか良かった。天気が悪かったのが残念。確か月末にはツイッターの某人物とオフ会をして喫茶店で語り合った。楽しかったが、その人物とはもはや今のところ連絡もとっていないし、接点もなくなってしまった。

四月 二回生になった。専門科目の講義に初めのうちは出ていたが、たいして関心も持てずダラダラしていた。教養程度に経済学は少し勉強していたように思うが、正直この月のこともあまり記憶にない。

五月 五月の気候が僕は一年のうちで一番好きだ。しかし…記憶にない…。

六月  この月も記憶にない。非生産的な日々を送っていたのだろう、大学に人脈もなく趣味もない学生の日常などこの程度のものである。

七月 専門科目の試験が月末と八月初頭にかけてあるので、この月はそれなりに勉強していた。実は私は法学部の学生なのだが、民法総則に苦戦していたように思う(なぜ私が法学部の学生で、にもかかわらず科学哲学や科学史に関心を持つようになったのかについてはいつか詳しく述べる予定である)。

八月 テストが終わって夏休み…なのだが、私には友達がいないので全然予定がない。暇で仕方がなかった。今思えば、もう少しいろんな本を読んでおけばよかった。線形代数を独学で少しずつ進めていった。ツイッターの某人物とオフ会をする。下旬に帰省したが、地元に来てもかつての同級生に会えなかった。

九月 非生産的な毎日に嫌気がさす。なんでこんな大学生活になってしまったのかと思いつつ過ぎていく日常。夏休みが始まった頃、どうせ今年の夏休みも非生産的な日常のまま、誰とも遊ぶこともほとんどなく終わってしまうのだろうと考えていたが、それは的中した。

十月 後期が始まる。学部の専門科目には大して出席していない。ツイッターの高学力オタクなどを思い出して一年中鬱っぽくなっていたが、この頃から本格的に発狂するようになる。精神科に行ったら、アスペルガーの傾向ありと言われた。しかし精神科は診察料が高いので通院はせず。夏休み前に大学のカウンセリングルームにも行っていたが、建設的な提案は得られず。溜息をつく毎日。

十一月 十月と大体同じだが、ときどき勉強などして気分を紛らわす。

十二月 中旬に来年分の手帳を買って、少しずつ記録をしていったら、今までよりもある程度スケジュール管理がしやすくなってQOLが上がった。家庭教師のアルバイトをして一年になる。今は帰省中なの。友人がほとんどいない私であるが、実は珍しいことに、稀少な友人(高校の同級生)とこの前会ってビリヤードをやってきた。大変楽しい時間を過ごせた。隣にいた年配の渋い老人がいろいろとコツを教えて下さって勉強にもなった。


このように、私は友人もおらず趣味もなく、また性格的にも偏屈で難があるため、あまり楽しい日常を送っているとはいえない。そういえば去年の年末に、来年もどうせ非生産的な一年になるのだろうと考えていたが、案の定そうであった。2016年も正直いって、そうなる未来しか見えない。もっとも、現状維持で済むのならまだ良い。成績不振で単位を大量に落とすようになったらいよいよ目も当てられなくなってくる。ただ、大学にほとんど人脈がない私のような人間は、情報収集や対策なども全部自分で行わねばならないから、単位取得において不利な状況にあるのは確かである。要領のいい奴が人脈を活かして単位取得競争に有利となる現状にはいささか疑念を抱かなくもないが、結局大学でも、社会でも、そういう世渡りのうまい人間が幅を利かせていくのだから、仕方ないのだろう。
 それではみなさん、良いお年を!