読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鼻笑を以て心笑と為す

科学史・科学哲学・数学基礎論などに関心を抱く社会不適合系大学生。趣味なし、金なし、友達なし。能力コンプのアスペルガー也。

映画『イミテーション・ゲーム』 感想

イミテーション・ゲームエニグマと天才数学者の秘密』を観賞した。以下はネタバレとなるので、もし未観賞で、観賞を今後希望する方がいらっしゃれば現時点で読むのは避けるとよい。

 第二次大戦中、独軍の暗号"エニグマ"の解読に成功した英国の天才数学者アラン・チューリングの半生を描いた作品である。チューリングの名はチューリング機械やチューリング・テストに名を残しており、現在我々が日常的に使用しているコンピューターの歴史を語る上では欠かせない人物の一人であろう。
   本作品では、1950年代に同性愛の罪で逮捕されたチューリングが、戦時中の自身の記憶を回想するという形式で綴られている。時折、彼の学生時代の記憶が突然挿入されるので、最初のうちはその設定に少し戸惑った。それでは、本作品を観賞して特に考えさせられた以下の二点について述べることとしよう。

  ①  まず私が感じとったのは、共に悲劇を招くことがわかっている二つの選択肢に直面したときの選択の判断の難しさである。独軍が必ず毎日送り出す共通のメッセージの存在を手掛かりに、見事"エニグマ"の解読を成し遂げ歓喜にくれるチューリングら暗号解読者たちの前に直ちに突き付けられる現実は、耐えがたく皮肉なものであったー通信を傍受して解読した暗号をもとに未然に独軍の作戦を首尾よく防ごうとすれば、英国が"エニグマ"の解読に成功したことが独軍に知られてしまうーチューリングはそれを考慮して、中佐に独軍の襲撃回避の提言を避け、暗号解読の成功を機密にするよう皆に迫った。しかしあろうことか、解読メンバーの一人の出征した兄は、じきに独軍に襲撃されることが予想される船舶の砲兵だった。皮肉な現実を前にして解読メンバーは感情的になる。このような差し迫った状況で我々は一体どのように物事を判断すべきなのだろうか、ということは、ここまでシリアスな展開がそうそう訪れるわけではないにしても、我々の日常にとっても時として問題となりうることだ。本作でいえば、襲撃されて死すべき運命にあると既にわかっている人々の命ーましてそのうちには家族が含まれることもあるーを犠牲にして、輝かしい戦争の勝利を収めるという国家から課せられた彼らの責務を優先せざるを得ないという大変厳しい状況下なのだ。もっとも、チューリングによる暗号の解読が成功し、なおかつその解読が独軍に判明することとなれば、却って多くの命が奪われることとなったかもしれない。昔サンデル教授で話題になった、列車の分岐点の双方の先にそれぞれ異なる数の人がいるとき、運転手はわざわざレバーを引いて人数の少ない方に列車を進ませるべきか否かという問いを彷彿とさせる。チューリングの判断は明晰と言えるかもしれないが、この手の判断を悩ませるポイントとして、長期的・総計的な被害の数の軽減を重視する立場(列車の例だと、レバーを引いて犠牲者を減らす立場)では、短期的に一定数の人間の命が必ず犠牲になるという未来を予期して、それでもなお自分の手で彼らを犠牲にすることを選択せざるをえないことへの根強い背徳感というものが背後にあるということが理解できる。一方、短期的な救済(列車の例だと、レバーを引かずに結果的多くの犠牲者を出す立場)を重視すれば、それは長期的的視点に欠け、全体としてはその方が被害が大きいが、あたかも直接的に自分が人間の命を犠牲にするというよりは、いわば「成り行き」によって人々が自然に犠牲になる、という歴史必然的な状況が予想されることによって、個人的な背徳感は一時的にはこちらの方が小さくなりうるといえるかもしれない。前者はどちらかといえば功利主義的な立場で、後者は長期的・結果的な状態は自然の成り行きに任せるような立場にちかいといえるだろう。しかし、この問いをさまざまな角度から分析はできても、どう判断すべきかという最終的な問題を一意的に決定するのは簡単ではなかろう。個人の思想・良心に依拠する問題である上、思考実験のいろいろな条件を少しずつ変化させるだけでも、問いの質とそれに対する回答は変化しうるからである。

② そして次に、まさに本作品全体を通したテーマといっても良いかもしれないが、国家や政情に翻弄された人の運命の儚さというものを感じさせられた。ましてチューリングの場合は、戦時中、その偉大な功績を成し遂げた一方、戦後は同性愛者であるという理由で罪を問われ、服役かホルモン投与による強制的な治療という二択を与えられて、後者を選択するも、結局は自殺をしてこの世を去った。学生時代、クリストファーという同級生の男子に恋愛感情を抱き想いを伝えようとしたがその直後、彼は結核で他界したことを告げられそれは叶わなかった。そしてチューリングは暗号解読の機械を「クリストファー」と名付け、溺愛する。チューリングの功績は、死んでいたはずの人を救ったともいえるし、あるいは生きていたはずの人を殺したともいえるかもしれない。しかし、科学技術史的な側面でいえばその成果は間違いなく賞賛に値するものといえよう。戦争という国家間の政治的問題が生み出した極秘のプロジェクトに上からの強い圧力のもと携わることとなって、ようやく苦心して成し遂げた暗号解読の事実は国家により戦後も秘匿され続け、その存命中、社会の表舞台で偉大なる功績者として讃えられることはおろか、彼の最期は犯罪者として国家に屈辱的に晒しあげられて自殺するという惨めなものであった。歴史を振り返ってみれば容易にわかるが、人間は通常何らかの政治的共同体に属する存在であり、そうである以上、多かれ少なかれその共同体の影響を受ける者である。全体がひずめば部分がひずむという抗いがたく悲痛な論理によって、ときとしてそれは悲劇をもたらす。我が国でいえば、大戦中、極端な皇国教育・プロパガンダがなされ、そのもとに多くの若者が戦場へと赴いて「玉砕」した。お国のために死ぬことは美談として語られ、今日に至るまで国家の戦争責任というものは物議を醸す話題となっている。
    若き天才数学者チューリング。彼は人の身でありながら、現代においては人をも超えんとする勢いさえる装置の原型を生み出してしまった。彼はは人の子なりや?否、国家に操られし悲しき天才人形なりや?はたまた、神すら超えんとする予言の産物を創造せし"超人"なりや? イミテーション・ゲーム。もはや生物と機械の判断が完全にできなくなる日は、そう遠い未来ではないのかもしれない。もしそのような恐ろしい時代が来るとすれば、人間を超越した「機械」たちに支配された人間が、今度はあたかも事実上機械と化し、新たな「機械」に従属する存在となってしまうのだろうか? 科学技術は、その発達のためのアクセルのみならず、ブレーキをも同時に開発する必要があるといえよう。

 

映画『レ・ミゼラブル』の観賞感想


   大学にほとんど友人のいない私は、最近近くにあるツタヤで映画をレンタルして観賞するのを楽しみにしている。旧作なら一週間でせいぜい160円ほどで借りることができるので、映画館と比べれば安い!自販でペットボトルの清涼飲料水一本買うのと同じ価格でかつての名作を簡単に自宅で楽しめるなんて贅沢じゃないか!

 さて、今日は『レ・ミゼラブル』を観賞した。我が国でも昔から知られており、今日に至っても読み継がれ、その文学的価値を失っていないヴィクトル・ユーゴーの名作とされている。私も小学生のとき、児童向けの『ああ無情』を学校の図書館で借りて読んだことがあるが、それ以来読んでいない作品で、全体の雰囲気ぐらいしか記憶にしていなかった。

  映画での本作品はミュージカルということで、全体を通してセリフのほとんどが曲になっているのは印象的ではあるが、いささかくどいといえばくどいかもしれない。通常の音声のセリフがもう少しあっても良いような気がするが、そこは製作者側のこだわりがあるのだろう。
  舞台はは1815年から スタート。ナポレオンの時代は(ほぼ)終焉を迎え、フランスでは王政が復古し、ヨーロッパでは革命前の状態に復帰しようとする保守反動的なウィーン体制の時代へと突入する。このような時代の下で、貧困と絶望に打ちひしがれる最下層の民衆は何を思うか。
 
 全体を通して、盗みを犯した自分をその温情から擁護して救った司教の愛に改心したジャン・バルジャンを中心として人間ドラマに焦点が当てられているので、当時の詳細な外的な描写というよりは、ジャベール警部との因縁や、身を落としてまで娘を愛したファンテーヌへの彼の慈悲や敬愛と責任感、そしてファンテーヌの娘であるコゼットへの愛情、コゼットと若き青年マリウスとの関係などの描写が基本となっている。個人的には、もう少し当時の社会的な背景・情勢の側面にもピックアップしていると面白いと思うのだが、これは観客の価値観に左右される点であろう。
   
 当時の革命のキーワードとして歴史的な文脈でよく語られるのはナショナリズムである。ナショナリズムには民族主義国民主義国粋主義などさまざまな訳があるが、これらはその革命の主体ごとに応じて訳す必要がある。フランス革命でいえばこれは国民主義と訳され、現代におけるナショナリズムという言葉が持つ極右的・国粋主義なマイナスのイメージとは真逆で、民衆が主体となって自由・平等をスローガンに新たなる社会を切り拓いていかんとする輝かしいイメージが感じられる。ウィーン体制以後も、革命の第一波としてドイツ・ロシア・イタリア・スペインなどで学生らによる蜂起がまず起こるがこれらは鎮圧される。第二波として1830年七月革命が成立して立憲君主制が敷かれるも、結局は制限選挙により、労働者階級の民衆は相変わらず苦難を強いられる(本作の後半は1832年であるから、この時期にあたる)。明日の食べるものにも不自由し、もはや戦場といっても過言ではない日々に生きる最下層の労働者たちに与えられる選択肢は、もはや血みどろの革命しかないのであろうか。史実としてはその後1848年、革命の第三波として二月革命が勃発し、ここにウィーン体制は終焉する。
 
  ディベートなどでもそうだが、やはりこういった、最悪殺すか殺されるか、生きるか死ぬかという切迫した時代において正統性を持つものといえば勝利者であり、「勝てば官軍負ければ賊軍」とは言いえて妙だと改めて認識される。幸か不幸か、歴史として記録された事象に対しては時々、永き時を経て、その「賊軍」の側に肯定的評価が下されることもあるが、当時を生きた人々にとってみれば、自分たちの死後評価されても、といいたくなるであろう(そういう意味では不幸だが、「賊軍」のレッテルが塗り替えられるという意味でせめてもの救いといえよう)。正義とは何ぞやとあれこれ思索に耽っても、正統性を持ったものが正義と規定される、否しかし本当にそれだけならばそのような問いは発生しないーでは基準とは何か?またそのようなものは存在するのか? と、いつまでもわからぬままである。のんびりと平和で堕落した学生生活を送る身としては、映画ひとつとってみても、そこに込められたメッセージを読み解くことに腐心したり、否、それだけでなく、解釈や考察というものは製作者の意図のみに終始するものでなくもっと自由なものともなりうるという私の立場からすれば、それによって世界の視点を変えてみるよう模索していくことにしよう。
 結局陳腐なことしか書けなかった。もっと深くて味のあるコメントが書きたいと思いつつ筆を置く。
 
  
 
 

このブログに関して

 いずれこのブログも消すことになると思う。どうせ誰も見てないし、否、それだけなら良いのだが、いずれ自分が研究なんかをやるようになったときにぼくのような稀有な経歴で稀有な分野をやっているような人間だと特定されるかもしれない。そのとき可能性こそ低くても、もしこのブログを発見されてこんな稚拙な文章を書いていたのかと思われるのは嫌だし、ぼくとしても稚拙な文章がネットに残るのは気分がよろしくない。

一年の振り返り

ダランベールです。2015年を簡単に振り返ってみようと思う。

一月  当時は一回生、月末にテストがあったが特に勉強はしていなかった。正直言ってあまり記憶にない。

二月 テスト終了後春休み。所詮般教であるので、勉強はしていなかったが単位は取れた。この月も正直たいして記憶なし。趣味もないし友達もいないのでダラダラと過ごしていたのだろう。ツイッターで精神を病んだのでアカウントを消した(数ヶ月後にまた新たに作ることになったが)。

三月 春休み続き。母親と一緒に静岡へ日帰りバスツアー。苺狩りに行ったが、なかなか良かった。天気が悪かったのが残念。確か月末にはツイッターの某人物とオフ会をして喫茶店で語り合った。楽しかったが、その人物とはもはや今のところ連絡もとっていないし、接点もなくなってしまった。

四月 二回生になった。専門科目の講義に初めのうちは出ていたが、たいして関心も持てずダラダラしていた。教養程度に経済学は少し勉強していたように思うが、正直この月のこともあまり記憶にない。

五月 五月の気候が僕は一年のうちで一番好きだ。しかし…記憶にない…。

六月  この月も記憶にない。非生産的な日々を送っていたのだろう、大学に人脈もなく趣味もない学生の日常などこの程度のものである。

七月 専門科目の試験が月末と八月初頭にかけてあるので、この月はそれなりに勉強していた。実は私は法学部の学生なのだが、民法総則に苦戦していたように思う(なぜ私が法学部の学生で、にもかかわらず科学哲学や科学史に関心を持つようになったのかについてはいつか詳しく述べる予定である)。

八月 テストが終わって夏休み…なのだが、私には友達がいないので全然予定がない。暇で仕方がなかった。今思えば、もう少しいろんな本を読んでおけばよかった。線形代数を独学で少しずつ進めていった。ツイッターの某人物とオフ会をする。下旬に帰省したが、地元に来てもかつての同級生に会えなかった。

九月 非生産的な毎日に嫌気がさす。なんでこんな大学生活になってしまったのかと思いつつ過ぎていく日常。夏休みが始まった頃、どうせ今年の夏休みも非生産的な日常のまま、誰とも遊ぶこともほとんどなく終わってしまうのだろうと考えていたが、それは的中した。

十月 後期が始まる。学部の専門科目には大して出席していない。ツイッターの高学力オタクなどを思い出して一年中鬱っぽくなっていたが、この頃から本格的に発狂するようになる。精神科に行ったら、アスペルガーの傾向ありと言われた。しかし精神科は診察料が高いので通院はせず。夏休み前に大学のカウンセリングルームにも行っていたが、建設的な提案は得られず。溜息をつく毎日。

十一月 十月と大体同じだが、ときどき勉強などして気分を紛らわす。

十二月 中旬に来年分の手帳を買って、少しずつ記録をしていったら、今までよりもある程度スケジュール管理がしやすくなってQOLが上がった。家庭教師のアルバイトをして一年になる。今は帰省中なの。友人がほとんどいない私であるが、実は珍しいことに、稀少な友人(高校の同級生)とこの前会ってビリヤードをやってきた。大変楽しい時間を過ごせた。隣にいた年配の渋い老人がいろいろとコツを教えて下さって勉強にもなった。


このように、私は友人もおらず趣味もなく、また性格的にも偏屈で難があるため、あまり楽しい日常を送っているとはいえない。そういえば去年の年末に、来年もどうせ非生産的な一年になるのだろうと考えていたが、案の定そうであった。2016年も正直いって、そうなる未来しか見えない。もっとも、現状維持で済むのならまだ良い。成績不振で単位を大量に落とすようになったらいよいよ目も当てられなくなってくる。ただ、大学にほとんど人脈がない私のような人間は、情報収集や対策なども全部自分で行わねばならないから、単位取得において不利な状況にあるのは確かである。要領のいい奴が人脈を活かして単位取得競争に有利となる現状にはいささか疑念を抱かなくもないが、結局大学でも、社会でも、そういう世渡りのうまい人間が幅を利かせていくのだから、仕方ないのだろう。
 それではみなさん、良いお年を!

冬休み


短い期間ではあるが、冬休みに入った。まあ正確には月曜日に講義があって火曜日からが冬休みなのだが、ただでさえ短いしどうせ月曜はたいした講義でもないから、26日に地元に帰省!昼に起床し、部屋を少し整理して駅に行って高速バスを使って帰省した。駅ではカツ丼を食べた。マンセー
 そしてバスに乗り、ビアードパパで買ったシュークリームを食べる。僕はこうして帰省するたびにバスで揺られながらくつろぐのが大好きだ。途中のSAでミル挽きコーヒーを買ってバスの中で飲み、一息つく、至福の時かな。
f:id:stadtluftmachtfrei1:20151227230944j:image           f:id:stadtluftmachtfrei1:20151227231037j:image 
帰ったら家族でブロンコビリーに行った。マンセー!!いい一日でした。


世はクリスマスらしいが

 実ははてなのアカウントを作ったのは数日前で、その日からブログを更新していくつもりだったのであるが、pcの低速化などといった諸事情により更新が遅れてしまった。幾らか書きたいことがあるので、まとめて書いていこうと思う。
 
 最近特に、自己がいかに無知であるかを思い知らされる。あまりに知らないことが多すぎて驚嘆の念を禁じ得ないのだが、まあそれ自体は今に始まったことではない。思えば、受験戦争とは何だったのだろうか?私は自分の出身高校を激しく嫌っている。というのも、大してレベルが高いわけでもない癖に(否、大してレベルが高くないからこそ、なのかもしれないが)大変に抑圧的で、東大や京大を出ている教師は全くいないにも関わらず、教師たちは毎日のように「センターガー、東大ガー」と言って、たびたび我々にくだらぬ説教をしてくるのである。理不尽な体制も多かったが、当時の私は自己の置かれた状況を鑑みて利益衡量した結果、そういったファッショ的校風に叛逆の念を覚えながらも面従腹背していた。革命家失格である。いずれあの「悪の帝国」(レーガン大統領が全体主義体制のソ連をこのように揶揄したように、私も高校をこう呼んでいる)については詳しく述べるとして、仮に高い偏差値を高校時代に記録したとしても、受験生は深遠な学問の世界の氷山の一角すら知らないのである(もっとも殊勝な学生であればそうでもないかもしれないが、大学受験至上主義の大してレベルの高くない自称進学校においては、大学レベルの数学や自然科学をやったり、哲学書を読んだり、あるいは特定の物事に大して大変な造詣を有しているような個性と教養溢れる生徒などほとんどいなかったし、私もその例外ではなかった)。いったい私は、自信を持って1時間くらい熱く人に語ることができるほどまでに深遠な造詣を有する分野を持ち合わせているだろうかと考えた結果ーおそらくそんなものはない。このように無知な私が少しでもそれを克服できないか考えたとき、読書は多くの知見を与えてくれるのではないかと感じ、読書をしていこうと思ったのである。
 
 スピノザの哲学に関する新書を読んだ。スピノザは17世紀のオランダの哲学者であり、汎神論を唱えたことで知られているが、詳しい思想は存じていなかった。ただ、前々から少々気になっていたこともあり、簡潔に書かれた新書を購入した次第である。このスピノザの代表作『エチカ』は、正式には『幾何学的秩序によって論証されたエチカ』といい、点や線に関するいくつかの公理・公準・定義を基にして定理を導出していくという演繹的な体系で記述されているユークリッドの『原論』のように、定義・公理→定理→証明→系→…などという体裁で書かれている。「実体」、「属性」、「様態」という哲学用語を定義したのち、定理を導出していく厳密な論証スタイルに、彼の明晰で合理的な思索を感じ取ることができるのだが、私自身は『エチカ』を読んだわけではなく、あくまで彼の思索を概略的に解説した入門書を読んだだけであるから、詳細にその内容を述べることまでは書くのも面倒なので省略する。ある程度勉強にはなったが、私としても哲学の初心者であるので、西洋哲学史に関連する書籍を読むことでさらなる理解が深まるように思う。
 
 『科学史年表』なる本も買って読んでいる。17世紀以降の自然科学に関するトピックを年表形式で紹介しているのだが、読みやすくて面白い。古代や中近世における科学に関する書籍もいつか読みたい。私は物理を独学でやっているのだが、苦戦を強いられている。大学以降の学問の道は険しい…。

 今日(12/25)は解析学の勉強会があって、私は今日発表を担当していた。事前にレジュメを作っておく慣習があるようなので私もそれを作っておいて、わざわざこんなものまで書いているのだからそれなりにうまく説明できるのだろうと思っていたが、結果はグダグダな説明に終わった。ボードを前にして、書くべき内容の取捨選択ができない…「明らかに」の理由を説明しようと思いつつも頭が真っ白になる…「同様に証明される」という部分の証明を事前にしたにも関わらず頭が混乱してできない…。「発表力」の欠如を痛感した。私はその勉強会の中でも最年少であり、修士課程や博士課程の学生もいる中説明しようとすると、ここまで焦ってしまうのは予想外であった。自分が教科書の内容を仮に理解したつもりになっていたとしても、第三者をして明確に自分が理解しているということを認識せしめる水準まで仕上げなければ、理解しているということにはならないとみなされうる、ということを学んだ。訓練が必要なのだろう。もっとも多くの人前で何かを発表する機会など私にはほとんどなかったから、こういう場には慣れていないというのもあるが…。予想以上の自分の発表の出来なさに実力不足を悟り、少しブルーな気分になったのであった。落ちこぼれ学生だから仕方がない。その後家庭教師のバイトを終え、帰宅。やっと明日から帰省!冬休みである(本当は月曜に授業があるのだが、まあ良い)。それでは今日はここで筆を置くこととしよう。世はクリスマスだったようだが、今年は特にそれを実感できず、クリスマスであるということ自体忘れかけていた。


『衒学事始』

近時、世間に反知性主義といふもの浸透し、意識高き者は学問もせず只管、就活・ボランチア・留学・出会いに感謝などと騒ぎ立て、無識なる者は漫りにこれを誇張す。

杉田玄白の『蘭学事始』の冒頭のパロディであるが、面倒なのでこの辺にしよう。初めてはてなブログを始めることとなった。私はしがない文系の大学生である。友人もほとんどいなければ趣味もなく、性格も捻くれており、落ちこぼれで、進路にも悩み、毎日鼻で笑いながら大学構内を歩いている。"鼻笑を以て心笑と為す"とは、そんな孤独な私が大学に入ってから提唱し始めた思想ー世間の風潮や権威を冷笑的に見つめて鼻で笑うような態度を取り客観的に分析することによって、自己の精神の安穏が保たれるというものーである。したがってこれをタイトルにした。このブログでは、落ちこぼれ大学生である私の日常のくだらぬ所感などを日記形式で執筆していこうと思う。拙い文章であるかもしれないが、所詮落ちこぼれ大学生の書く文章であるから、どうかそのような点にはご容赦いただきたい。
 
 反知性主義などという言葉が今年の流行語になったようである。恥ずかしながら世情に疎い私は、その経緯を詳細には存じ上げぬが、確かに書店に赴けば、そのような言葉を冠した書籍が散見される。いずれまた書いていくだろうが、私はたいした学力もない癖に、諸事情によって「学力至上主義」に陥ってしまった。大学に入学した後は殊更その傾向顕著となり、遂に精神の危機を迎えつつある。具体的に言うと、私はツイッターをやっていたのだが、ツイッターに跳梁跋扈する同年代の学識高き"高学力オタク"に大変な恐怖を抱くようになってしまったのだ。偏差値でいえば同年代の上位1パーセントに余裕で食い込むような学力を有する二次元アイコンの人間たちが(もっとも私は高学力の意味を必ずしも高偏差値に限定しているわけではない)これでもかというくらいにツイッターに蔓延り、同類項と騒ぎあって一大オタク勢力を築いて、くだらぬ発言を繰り返していると思いきや、ときには自分よりも学力の劣る人間、論理的な主張のできぬ人間などを見つけるや否や、そういう人間を集団で叩きまくったり揶揄したりするような構図を見たこともある。人がツイッターで何を言おうと自由といえば自由なのだが、"高学力オタク"集団に激しい恐怖を抱いた結果、極端にフォロワーの少ない鍵アカに篭ってネガティヴなことを延々とツイートするという非生産的な行為を1年ほど続けてきたが、もはやそういった狭いアカウントではネットでの人間関係の構築も難しいのが現状であり、たいして意義も見出せず現在は休止している。そのようなツイッター界に厭気が差して、こうして脱してはてなの世界に新たに逃げてきたわけである。特にはてなに何かを期待しているというほどでもないが、こうして日記をつけていくのも悪くはなかろう。というわけで、偶々このブログを発見して読んでくださる方がもしいれば、こうした私の人物像を念頭においていただければ幸いである。